Kurosukeの投資メモ

現在アラフィフでリタイア後の資金作りのため投資をしています。投資の記録や日々考えていることなどを綴ります。

今更ですが、5ch初の暗号通貨であるNANJコインが躍進しています。
只のイーサリアムトークンと言っちゃあおしまいですが、勢いがありますね。
開発チームもしっかりしていて法人化も果たし、さらなる躍進が見込めるようにも思えます。

ここで少し冷静になって、一体どこまで価値が上がるか考えてみます。

まず発行枚数から、ビットコインは総発行枚数上限が2100万枚(まだ8割ほどしか発行されていない)です。
これに対しNANJコインは300億枚(全部発行済)。

単純に時価総額が同じところまで行ったとして(あり得ませんが)、
1NANJ=0.0007BTCの価値となります。

ちなみにこれを書いている時点(2018/4/10)では1NANJ=0.00000040BTCです。

もしビットコインと同じ時価総額(今12兆円)まで行くと仮定すると、まだ1750倍まで上昇余地があると。

ただ、これはさすがに無理だと思いますので、どのあたりが現実的でしょうか?

国産コイン最右翼のモナコインが現在仮想通貨の時価総額で第60位(2018/4/10のcoinmarketcap.comによる)です。時価総額で約2,000万円。

NANJコインは開発チームが日本人なので海外への訴求が弱そうです。

中国みたいに人口もパワーもある人たちの通貨に対抗するのもなかなか難しそう。

と考えると一旦の最高到達点は時価総額で30位(今日現在450億円)と勝手に想像してみます。

450億円をNANJコインの発行枚数で割ると1NANJ=1.5円です。

今のNANJの円換算レート(1NANJ=0.3円)の5倍です。

仮想通貨全体が盛り上がって一時のように1BTCが200万円するような状況でもその倍くらいでしょうか。

これ、ものすごい頑張って、最終的に、というある種、汗と希望と勇気が混じった数字ですw

1NANJ=1satoshiの頃に買った人はそのままホールドでいいと思いますが、今から参入はあまり旨味がないと感じます。

というわけで(ではない?)、中国株を売却した代金で仮想通貨に資金を振り向けました。

出遅れたもののなんとか鯛の尾っぽくらいはものにできたような。

仮想通貨を巡る状況はここ数か月だけでも目まぐるしく変わりました。

その中で個人的な感想を書かせていただくと、ビットコインは先物が米国で上場したおかげで、直前に暴騰しましたが、今後の値上がりは抑えられそうな気がしています。特にsegwit2xがタイムリーに導入できなかったのが痛い。

今は仮想通貨界でのビットコインの地位は盤石ですが、中央集権的でないゆえに、欠点が目立てば他の通貨が主軸の地位を奪ってもおかしくありません。

今のところ技術、実績などでイーサリアムが最有力と考えていますが、この界隈移り変わりが激しいのでどうなるか。

ブログネタ
資産運用 に参加中!
今Udemyで受講している講座の受け売りというか備忘録。

sec.govの10k(年次報告書)にはすべてが載っている。証券会社のアナリストと同様の情報が得られる。

あとは各企業のIRページを見ればOK。

これらの情報を自分なりに分析して投資するかどうかを決めるべし。

自分のスリム型PCに積めるなかでは最高性能のGPU(GeForce GTX1050Ti)を買って、マイニングを始めました。マイニングは数年前にもやったことがあり、当時はモナコインなどを細々と掘って遊んだりしてました。

最近の流行り?らしいNiceHash minerで試していますが、やはり1050Tiだと非力すぎる(涙)
自分のPCはロープロファイルのグラボしか刺さらないので仕方ないのですが・・・

1日掘って大体0.0001BTCくらい。払い出しができる0.01BTCに達するには3か月くらいかかる予定です><

いや~先が長い。でも既に0.002BTCほど掘ってしまっているので、今別のプールに変えるともったいない。

MinerGateだとだいぶ少額から出金できるので(例えばXMRを掘った場合は0.01XMRから)、こまめに出金できて良さげ。設定もNiceHash minerと同じくらい簡単です。違うのは一番効率のいい通貨に自動でスイッチングして掘ってくれる機能がないこと。あと、出金が掘っている仮想通貨になるので、どこかの交換所でBTCなどに交換する手間がかかります。

NiceHashから1回出金できたらすぐMinerGateに切り替えてやる~

MinerGateの設定方法はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

つらつらと書いてきましたが、ここから先政府介入の減少により成長が鈍化すると思われることもあり、一旦売却することにしました。

利益としては1割程度であまり大したことはありません。

次の投資先を探します。

↑このページのトップヘ